【フレブルの食事】フードジプシー

犬との暮らし

【フレブルの食事】フードジプシー

みなさん、愛犬の食事はどうされていますか?

世の中にはたくさんの情報があり過ぎて、迷ってしまいますよね。

私も、いつも試行錯誤しています。

最愛の子ですから、1番良いとされるものを食べさせたい。

多分ほとんどの飼い主さんが、そんな気持ちだと思います。

今日は、我が家の記録もかねて綴っていきたいと思います。

愛犬の状態

我が家の愛犬の現在

  • 1歳5ヶ月(2019年2月1日生)
  • 男の子(去勢済み)
  • 体重 10.7キロ
  • アレルギー 血液検査していない。でも何かしらの環境アレルギーの疑い。食べ物は鳥類のアレルギーの疑い(経験により)。
  • 食欲旺盛
  • 活発

愛犬ブリーダーさん宅で食べていたもの

まずは、愛犬がブリーダーさんのところでママのミルクの後、又は併用して食べていたのが”Fromm Heartland Puppy”です。これはビーフがメインのフードです。

こちらは、粒も小さくて食べやすそうです。なにより、ブリーダーさんから強く言われたのが

必ず同じフード(Fromm Heartland Puppy)を4週間以上続けてください

ということだったので、全く同じドッグフードをあげていました。

手作り食1

しかしながら、やはり手作り食をあげたかった。

ということで、いろいろリサーチした結果まずはこちらの食事を作ってあげていました。

参考動画

HOW TO COOK FOOD FOR YOUR FRENCHIE

数ヶ月はこちらのレシピの食事をあげていましたが、全く問題はありませんでした。現在もたまに作ったりしています。

ただ、ほうれん草はあげたくなかった(結石が心配だった)ので途中で入れなくなりました。

そしてニンジンも消化できていなかったので、入れていません。その代わり、カボチャのペーストをトッピングとしてあげています。

バナナはおまけ。
大きなサイズを買って、こちらに移して使用。

紹介されているサプリメントは違うレシピの時も使っています。

手作り食2

でも動物のお肉は正直あまり使いたくありません。

そしてこちらのレシピを見つけました。

Do It Yourself Nutrient Blend - Fish - Just Food For Dogs

これはJustFoodForDogsという会社が出している、お魚が材料のレシピです。

この缶の中に、サプリメントとレシピが入っています。

この食事はすでにできているもの(フレッシュと冷凍)も購入できたので、先にそちらを数日分あげてみて、大丈夫そうだったので同じものを手作りであげていました。

しかし、材料費(魚)が高いのが難点。

こちらのお店のフードはアレルギーのために動物病院へ行ったときにも勧められました。

ちなみに、そのとき何故かもう一つの選択肢であったドライフード(ロイヤルカナン、アレルギー用、ウサギ肉使用)を選び大変なことになりました。→急性胃炎の始まりはこのフードだったように思います。本当に悔やまれます。

ただこちらのフードが体に合う子もいると思います。今回はたまたま、愛犬に合わなかったというだけです。

そんな経過もあり、こちらのレシピにたどり着いたわけです。

こちらもとても気に入って食べてくれていたのですが、どうも体重が増えません。

この頃、ちょっと痩せていたのでそこが難点でした。

手作り食3

その後、フレブルココちゃんの動画で圧力鍋で野菜を調理する(消化吸収のため?)というのをみて、それはいい考え!と思い、圧力鍋で調理することに。(こちらの動画を探したのですが、見つかりませんでした🙇‍♂️)

手作り食を作ることに慣れてきて、だいぶ材料の融通が利くようになりました。

なので、ベースはレシピに添いますが、野菜やトッピングなどはあるものを使ったりしています。お魚ベースがほとんどです。

圧力鍋レシピも調子がいいようです。圧力鍋で調理すると、ニンジンも消化できているようでした。

現在はこちらをあげたり、ドライフードをあげたりしています。

サプリメントはJustFoodForDogsさんのお魚用を使っています。

手作り食について個人的な気持ち

Pros

安心

入っているものが把握できるので、添加物や鮮度などの無駄な心配がありません。

長生きする可能性

手作り食はドッグフードをあげるよりも平均3年長生きするという調査もあるようです。

【調査で判明】手作り食の子は平均寿命が3年長かった!新鮮な手作り食が届くフードサービス『CoCo Gourmet(ココグルメ)』で、ご長寿ブヒを目指す。 | フレンチブルドッグライフ
2003年に欧州で行われた調査によれば、手作り食をあげ続けているワンコは、市販のフードの子に比べて「平均寿命が3年も長かった」そうです。食事は健康に直結しますから、その結果にも納得できる、とはいえ…。 働くパパとママは本当に忙しい! 愛ブヒのごはんを作るどころか、その正しい知識を勉強する時間もなかなかとれません(だっ...
https://www.ukrmb.co.uk/images/LippertSapyFullReport.pdf

たのしい

単純に、愛犬にご飯を作ってあげるのはたのしいです✨

Cons

コスト

手作り食はドッグフードに比べ、コストがかかる気がします。

我が家の場合は、手作り食だと毎月2〜3万円くらいかかりますが、ドッグフードだったら1ヶ月5〜6千円でおさまります。

栄養面

栄養面も気になります。手作り食で全ての必要な栄養素が取れるとは限りません。サプリメントを足していますが、なんだか心配。

旅行などに不便

旅行へ行くときに、新鮮なまま持ち運ぶのは難しいです。

ドッグフードについて個人的な気持ち

Pros

便利

とても便利です。食事の際、カップですくってフードボウルに入れるだけ。

旅行の際の持ち運びも、常温保存が可能で量もコンパクトにまとまります。

動物医が勧めることが多い

動物病院のお医者さんは、ドッグフードを勧めることが多い印象です。

選ぶのがたのしい

たくさんの種類が販売されていて、選ぶのがたのしいです。

Sponsored Link

Cons

原材料の信頼ができない

何が使用されているか、本当のことがわかりません。

こんな記事もあります。閲覧注意なので自己責任でお願いします

The Shocking Truth About Commercial Dog Food

保存料

長期保存ができるのは便利ですが、保存料が含まれているのが心配です。

おまけ

我が家の愛犬の場合、胃腸が弱くてたくさん食べると戻してしまいます。

手作り食だとかなりの量をあげないと、十分なカロリーに達しないのが難点。

ドッグフードにすると簡単に体重調整ができます。ちょっと量を増やすだけで、すぐに体重も増えます。

そして、こんな調査もあります。

有名な話なので、ご存知の方も多いと思いますが、お猿さんに少ないカロリーで食事をさせたところ、寿命が伸び、糖尿病やガン・脳卒中などの加齢に伴う病気も発症が遅れたそうです。

Monkey caloric restriction study shows big benefit; contradicts earlier study
The latest results from a 25-year study of diet and aging in monkeys shows a significant reduction in mortality and in age-associated diseases among those with ...
カロリー制限、長寿に効果 サル研究論争に幕:朝日新聞デジタル
 カロリー制限はやはり長寿に効果がある、とする研究結果を米国の二つの研究チームがまとめ、17日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。両チームは1980年代後半からアカゲザルで実験を続…

注意したいところは、若い年齢のお猿さんにカロリー制限しても寿命についての効果は見られなかったそう。

子供・若い頃はカロリーを減らさずに、中高年になったらカロリーを減らす方法が良さそうですね。確かに、成長期は十分な栄養が必要ですものね。

我が家の愛犬はまだ若いので、十分なカロリーの食事をさせなくては!

さいごに

食事についての考えは、飼い主の永遠のお悩みテーマな気がします。

試行錯誤して、1番いいと思うものをあげたいというのはみなさん同じこと。

でもそれぞれの意見や考えがあり、どれも間違ってはいないのでしょう。

これからもさらにいいものを追い求めて、最善を尽くしたいと思います。

ご閲覧ありがとうございました!

ポチしていただけたら嬉しいです↓

フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
Sponsored Link