【指間炎じゃなかった!】フレブルの足の疾患

犬との暮らし

ピエールさんが患っていた指間炎らしきもの。2日経ってよくならないので、先ほど動物病院へ行っていきました。予約がいらないのがありがたい。

【指間炎じゃなかった!】フレブルの足の疾患

症状

気が付いたのは2日前の日曜日。ハイキングに行ったあと、ドロドロだったのでお風呂にいれた時にバスタオルに血がついていたので気がつきました。

足の裏をちょっと切っちゃうことは、犬にはよくあること。ハイキングで足を切っちゃたのかな?とか以前も患ったことがある指間炎が再発しちゃったかな?なんて、対して気にもせず過ごしていました。

しかし、ふと見るとビッコを引いているのに気づきました。

とりあえず、消毒とネオスポリン(アメリカの万能薬)を塗って様子を見ることに。

次の日

朝は特に痛そうでもなく普通だったので「お、もうよくなったかな?」と思ったのですが、お散歩の後お風呂場で足を洗ったらまた一瞬ビッコを引くような歩き方に。

でもすぐまた普通通りに歩いたり、走ったり、暴れて遊んだりしだします。

よく見ると、赤く腫れているだけではなくポコっと2個おできみないなのができている?熱も持っているようです。

元気に走ってるし、できればピエールさんの自然治癒力で治させてあげたい!という飼い主よがりな考えで、今日いっぱいは様子を見てみようと決めました。

ただ、お散歩はなしです。おトイレのために外に出たあとは、足を綺麗に洗って消毒してネオスポリンをつけました。

一人にしておくときは、ドーナッツをつけて足を舐めさせないようにも気をつけて。

2日後;今日です。

やはり朝起きた時は、なんでもないように振る舞うのですが足を洗ったあとは右前足だけぴょこっと持ち上げていたり、歩くときもビッコヒョッコしてる。

自然に治るかもしれないけど、このまましばらく痛いのが続くのは可哀想すぎる。と思い、動物病院へ連れて行くことにしました。

歩かせたくなかったので、犬のキャリーバッグ(もう小さくなっちゃってますが)に入ってもらって行きました。

動物病院による診断結果

診断結果はイボだった!

なんと、診断結果はハイキングによるダメージでも怪我でも指間炎でもなく”イボ”でした。えー!

子犬によくあることらしい(子犬の免疫システムがかかりやすい)のですが、通常は口の周りにできたりすることが多いようです。ドッグランやドッグケアで移ったりするとか。人間や他の種類の動物には移らないそうです。

先生によると薬で様子を見て自然に治るか、手術で摘出する事もあるんだそうです。でも手術は避けたいので、まずは薬で様子を見ることに。治るといいけど・・・

処方された薬は2種類

痛み止め(1日1回)
炎症や腫れ、かゆみを抑えるスプレー(1日2回)

家にかえってお昼ご飯をあげたあと、痛み止めを飲ませて炎症どめスプレーをしました。

そのあとはぐっすり眠っています。

膝の上でぐっすり寝てるピエールさん
Sponsored Link

そのほかに家で出来ること

  • Epsom salt(エプソム塩)を入れたお風呂で足湯する
  • エリザベスカラーをつける
  • ドッグランにはいかない
  • 外を歩く時は犬用のブーツ(靴)をはかせる

ということを勧められました。Espom saltはドラッグストアなどで買える、人間用のものが使えるそうです。

あとは早めにブーツを買わなければ🥾

治るまでどのくらいかかるの?

ピエールさんの免疫システムが大人になって、ウィルスを自己免疫でやっつけることで治って行くそうです。

このプロセスにかかる期間は、先生が言うには3ー6週間。その後インボイスと共に送られてきた説明メールには1−5ヶ月と書いてありました。

もしこの期間を終えても治らない、もしくはその間でもピエールさんの肉球がもっと痛く(ビッコを引くのがひどくなったり、イボが大きくなる等)なっているようだったた、手術を考えましょう。と言うことでした。先生もなるべく手術はさせたくないので、薬でよくなることを祈りましょうとのこと。

お会計

  • 診察料       $55.00
  • スプレー $18.23
  • 痛み止め $24.39
  • TAX $4.30

合計:$101.92

でした。

さいごに

思いがけずの”イボ”と言う診断。口の周りのイボは痛みはないことが多いのですが、足の裏のイボは痛い事もあるそうです(歩くだけで擦れて、刺激になってしまいます)。

動物病院に来て良かったです。治るためには結局ピエールさんの免疫システムに頼る他ないのですが、その間の痛みや腫れを抑えるのはやはり薬の手を借りて少しでもストレスを抑えてあげたいものです。

早く治るように、最善を尽くしたいと思います!

皆さんの中でアドバイスや経験談などありましたら、お気軽にメッセージいただけると嬉しいです。

ご閲覧ありがとうございました。

フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
Sponsored Link